恋愛情報『ロマンチックとは限らない! プロポーズの思い出4つ』

2020年4月30日 21:28

ロマンチックとは限らない! プロポーズの思い出4つ

目次

・プロポーズ中にお腹が痛くなる
・旅行先でたそがれ始めた彼に…
・サンマを焼いているときに突然
・印刷したやつ取ってと言われたら
ロマンチックとは限らない! プロポーズの思い出4つ


プロポーズと聞くと「浜辺で夕日を見ながら……」とか「記念日に思い出のレストランで……」などとさまざまな妄想がかきたてられますが、現実はそんなロマンチックなものばかりとは限りません。「今ここで!?」とびっくりするタイミングや「なんでこの場所を選んだの」と、理解できないような場所でプロポーズされることもあるのではないでしょうか。ここではそんなプロポーズの思い出を聞いてみました。

プロポーズ中にお腹が痛くなる

「記念日にコース料理を食べていたときにプロポーズ。デザートを食べているタイミングで彼がプロポーズしてきたんだけど、私は食べ過ぎてお腹が痛くて、トイレにいきたくて仕方がなくて……。しかも、彼のプロポーズの言葉がやたらと長い!今までのふたりの思い出を振り返っている台詞が長すぎて、たえられなくて『わかった!ありがとう!結婚しよう!じゃ、トイレ行ってくる!』って慌ててトイレへ。旦那からいまだにあのときのことを笑われてる」(30代/IT)

▽ 記念日に豪華な料理を食べてプロポーズ。まさに理想的な光景ですが、食べ過ぎたせいでお腹が痛くなってしまったそう。切羽詰まっているときにプロポーズをされ、長めの言葉だったためにプロポーズを中断して『わかった!』と軽く返事をしてトイレへ向かったそうです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.