恋愛情報『落ち込んでいるときにトドメを刺された「彼からの一言」って?』

2020年5月26日 22:28

落ち込んでいるときにトドメを刺された「彼からの一言」って?

目次

・「ドンマイ!」
・「頑張りが足りなかったんだね」
・「世の中にはもっとツラい人がいるから」
・「○○がいなくても何とかなるでしょ」
落ち込んでいるときにトドメを刺された「彼からの一言」って?


心が弱っているときは、身近な彼氏に支えてもらいたいもの。しかし、予想外のキツいセリフに、余計悩みが増えてしまうこともあります。「理解してほしいとまでは言わないけれど、もう少し優しくされたかったな」と思ってしまったり……。
そこで今回は「落ち込んでいるときにトドメを刺された『彼からの一言』」についてご紹介します。

「ドンマイ!」

「こっちは本気で落ち込んでいるのに、軽い『ドンマイ!』で流されるとイラっとする。そんな適当な励ましするくらいなら、何も言わずそっとしておいてほしい」(20代/接客)

▽ 小さなミスなら「ドンマイ!」でもいいですが、真剣な悩みには逆効果。「私の気持ちなんかわからないくせに……」と卑屈になっちゃうかも。無理矢理ポジティブな方向に持っていかれるのって、逆にストレスが溜まりますよね。

「頑張りが足りなかったんだね」

「資格習得のために必死に勉強したのですが、5点足りなくて不合格だったとき。私がこらえきれずに泣いていたら、彼が『頑張りが足りなかったんだね』とバッサリ。あれはさすがにショックでしたね。でもあの言葉があったので、必死に勉強して翌年合格できた。もちろん彼とは価値観が合わず、その後別れました」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.