恋愛情報『地味でちょっとカッコ悪いけど“恋人がいて良かった”と実感すること』

2020年5月28日 19:28

地味でちょっとカッコ悪いけど“恋人がいて良かった”と実感すること

目次

・“恋人がいて良かった”と実感すること
・まとめ
地味でちょっとカッコ悪いけど“恋人がいて良かった”と実感すること


恋をするってステキなことだけど、毎日がキラキラしているわけでもないですよね。とくにお付き合いが長くなってくると、エキサイティングな気分もだんだん減ってゆきます。でもそれがけっして悪いことではありません。地味でちょっとカッコ悪いけど“恋人がいて良かったな”と実感することは何か、リサーチしてみました!

“恋人がいて良かった”と実感すること

不機嫌になって彼にあたってしまったけど、さりげない態度でスルーしてくれるちょっとしたことでイライラしたり、生理前後で気持ちが不安定なとき、つい彼にあたってしまったり、嫌な態度をとってしまったりすることって誰にでもあるはず。
そんな自分に自己嫌悪を感じるのですが、彼はそんな自分をだまって受け止め、さりげない態度でスルーしてくれるのがうれしかったりします。ちゃんとツボを心得ていて、大好きなコンビニスイーツなどで手なずけられてしまうと”彼がいてくれて良かった”と思うのです。

感動系の映画やドラマでぎゃんぎゃん号泣している姿を彼に見られてしまった彼と一緒におうちでテレビを見てダラダラするのも、じつは至福の時間。そんななか感動系の映画やドラマで図らずも号泣してしまい、涙と鼻水で顔がクチャクチャになっている姿なんて、とても他人に見せられる顔ではありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.