恋愛情報『国際結婚カップルが直面する食生活のカルチャーショック4つ』

2020年6月6日 20:28

国際結婚カップルが直面する食生活のカルチャーショック4つ

目次

・食生活のカルチャーショック4つ
・まとめ
国際結婚カップルが直面する食生活のカルチャーショック4つ


生まれ育った国も、文化も違う相手との恋愛、それにはうれしい発見や驚きもたくさんありますが、その反面あまりうれしくないショックを受けることも少なくありません。とくに食生活のカルチャーショックはお互い習慣的なこともあり、なかなか克服するのが難しいのです。
今回は筆者がオーストラリア人夫に感じたショックをお伝えしましょう!

食生活のカルチャーショック4つ

1: 朝ごはんはシリアルのみ、毎日、毎日同じもの!1日の始まりだからこそ朝ごはんは大事。しっかりご飯かパンを食べておきたいし、温かいスープなどの汁物が欲しくなります。でも夫は毎日シリアルのみ。「それで本当に足りるの?」と思うのですが、もうずっとこれがルーティーンとなっているようなので何の不満もないみたい。
毎日違ったものが食べたいというのはけっこう日本人だけで、外国人は毎日同じものを食べるほうがしっくりくるという人も多いようです。

2: 回転寿司のお店に行って、最初に手に取るのが餃子オーストラリアでも“SUSHI”は大人気。そこでたまには回転寿司に行こうと喜び勇んでいくのです。ところがシーフードが苦手な夫はいわゆるお寿司にはまったく心が惹かれないみたい。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.