恋愛情報『あんなに好きだったのに…付き合ってから冷めた彼の発言』

2020年6月21日 20:28

あんなに好きだったのに…付き合ってから冷めた彼の発言

目次

・「お前は俺の女だろ?」
・「上司にブチ切れたことあって~」
・「~するのだ」「~なのだ」
・「全世界を敵にまわしてでも守りたい」
あんなに好きだったのに…付き合ってから冷めた彼の発言


好きで仕方がなくて付き合ったのに、相手のふとした言動で冷めてしまうこともあるもの。相手がよかれと思って話していたり、かっこいいポイントだと思って話しているところに限って「うわ、引く……」と心の中で思ってしまうこともあるでしょう。
片思い中のときは相手の欠点や痛々しさが見えていませんが、付き合っていったん冷静になると戸惑う言動が見えてくる可能性もあります。ここではそんな、付き合ってから冷めた彼の発言を聞いてみました。

「お前は俺の女だろ?」

「付き合って1か月たったときに、同窓会のお知らせがあって参加してくるねってLINEを送ったら、彼から『お前は俺の女だろ?』ってきてイラッ。俺の女もなにも、私は私だし。そういう台詞って漫画のなかだけで許される発言だから。現実世界の男が言っても痛いだけだからやめて……」(20代/学生)

▽ 「俺の女」という言動にぎょっとする女性は多いもの。ヤンキー漫画や少女漫画の世界のなかではアリかもしれませんが、現実世界で言われると冷めてしまうきっかけになります。
自分のことをまるで所有物のような発言をされてうれしいのは、そういう性癖をもった女性だけなのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.