恋愛情報『思わず赤面! 彼を好きすぎるあまりやってしまった恥ずかしいエピソード』

2020年7月7日 07:15

思わず赤面! 彼を好きすぎるあまりやってしまった恥ずかしいエピソード

目次

・AIに嫉妬
・道端に生えた花でひたすら占う
・1時間かけて彼の職場へ
・彼氏の写真をポスターにしてもらう
・彼氏に合わせて夜勤の職場に転職
思わず赤面! 彼を好きすぎるあまりやってしまった恥ずかしいエピソード


彼氏のことが好きで好きでたまらない!そんな時期ってありますよね。浮気をしていないか不安になったり、ときにはセンチメンタルな気持ちになって泣いてしまうこともあるでしょう。後から振り返ると「なんであんなに情緒不安定だったんだろう」と思うこともしばしば。そこでここでは、彼氏のことが好きすぎるあまりやってしまった恥ずかしいエピソードを聞いてみました。

AIに嫉妬

「AIって女性の声で再生されるんだけど、それで嫉妬しちゃった。彼が家に帰ってくるたびに『アレクサ、ただいま』とか『アレクサ、ありがとう』って声をかけていて、アレクサは『お役に立ててよかったです』って答えたりしていて、仲がいいなって思ってイラッ。彼からは爆笑されたけど」(20代/学生)

▽ ちょっとよくわかりませんが、AIの機械的な声に嫉妬してしまったそう。まるで彼と女性とが仲よくおしゃべりをしているかのように錯覚してしまったそうです。時代ですね。

道端に生えた花でひたすら占う

「彼のことが好きすぎて、思いつめるあまり道端に生えている花を片っ端からつんで、花占いをした。道端にしゃがみこんで、『好き、嫌い……』って言いながら花びらをぶちぶち引きちぎっている20代の女性とか、はたから見たらホラーだと思う」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.