恋愛情報『それだけはナシ! 男女に聞いた「ケンカ中にしてはいけない言動」とは?』

2020年8月1日 20:28

それだけはナシ! 男女に聞いた「ケンカ中にしてはいけない言動」とは?

目次

・無視をする
・怒っている理由を教えない
・怒鳴る
・ケンカとは全く関係のない悪口を言う
・まとめ
それだけはナシ! 男女に聞いた「ケンカ中にしてはいけない言動」とは?


恋人がケンカをすることは決して悪いことではありません。しかし、ケンカ中に最悪な対応を取ってしまえば2人の関係はさらに悪化し、最悪、別れに繋がってしまうこともあります。
たとえケンカ中であったとしても、「言ってはいけないこと」「やってはいけないこと」などの最低限のルールは守るべきですよね。そこで今回は、男性女性それぞれに「ケンカ中にしてはいけない言動」を教えてもらいました。

無視をする

「ケンカ中だからといって無視をするのはナシだと思います。LINEを送っても既読スルー。電話をしても無視。子どもじゃないんだから、大人としての対応をするべき」(28歳/女性)

▽ 「無視をする」というのは、少し子どもじみた対応ですよね。無視はその場しのぎにしかならず、決して前に進むことはできません。せめて、「今は1人になりたいから、少し放っておいてほしい」などの一言は必要。

怒っている理由を教えない

それだけはナシ! 男女に聞いた「ケンカ中にしてはいけない言動」とは?


「怒っている理由を全く教えない彼氏。『謝りたいから、怒っている理由を教えて?』と言っても、『自分で考えれば?』と言っておしまい。すっごく感じが悪い!」(26歳/女性)

▽ たとえケンカの原因があなたにあったとしても、この場合はしばらくの間は放っておいてもいいかもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.