恋愛情報『「話は最後まで聞いて!」ケンカの時にされるとイラッとすること』

2020年8月3日 21:28

「話は最後まで聞いて!」ケンカの時にされるとイラッとすること

目次

・話を最後まで聞かずに遮る
・反論できなくなると「もういい」と言う
・人をバカにしたような態度で諭す
・物に当たって声を荒げる
・まとめ
「話は最後まで聞いて!」ケンカの時にされるとイラッとすること


付き合っていればケンカの一つや二つ発生してしまうのは仕方がないですよね。意見をぶつけ合うことは必要ですし、他人同士ですからぶつかり合って当然です。大切なのは、ただ怒鳴り合うだけで終わらせないということ。お互いの気持ちを理解して仲を深めることがケンカをするメリットといえます。
しかし、ケンカってどうしてもイラッとすることが起こるんですよね。そこで今回は、ケンカの時にされて不快だと感じることをいくつかご紹介します。

話を最後まで聞かずに遮る

「これが一番ムカつきますね。最後まで聞かずに『だってお前が』って遮られると本当に腹が立つ。だから今からそれを説明するから黙っててね?って思います。なんで人の話を最後まで聞けないんでしょうね」(29歳/飲食業/女性)

▽ 人の話を最後まで聞けないというのもありますし、頭に浮かんだことをすぐ口に出さないと気が済まない体質なのでしょう。最後まで聞けば良いものを、途中で口をはさむことで話をややこしくしてしまうタイプなので、話しているとこっちがイラッとしてしまうんですよね。

反論できなくなると「もういい」と言う

「私の言っていることが図星だと『もういいよ』って話を終わらせようとするのはイラッとします。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.