恋愛情報『浮かれていると痛い目に遭う!? 夏のデートの失敗談4つ』

2020年8月7日 07:15

浮かれていると痛い目に遭う!? 夏のデートの失敗談4つ

目次

・夏のデートの失敗談4つ
・夏のデートを甘く見ないで!
浮かれていると痛い目に遭う!? 夏のデートの失敗談4つ


花火大会に夏祭り、海水浴……。イベントが盛りだくさんの夏は、デートに最適な季節といえます。しかし、浮かれていると痛い目に遭うかも!?ということで今回は、夏のデートの失敗談を4つご紹介します。デートに備えて、きちんと準備しましょう!

夏のデートの失敗談4つ

浴衣の着崩れが気になって、デートを楽しめなかった…花火大会や夏祭りには、やっぱり浴衣ですよね!浴衣は洋服とは違った魅力があり、浴衣を着た女性は普段以上に魅力的に見えると答える男性も多いものです。そのため夏が始まると、浴衣や帯選びに奔走する女性は少なくありません。ただし、浴衣デートには大きな難点が……。
浴衣デートの大きな難点、それは「着崩れ」です。浴衣を自分で着付けられる人は問題ありませんが、他人に着付けてもらった人は要注意。胸元や裾がはだけたり、帯が緩んだりしても直せません。
実際に花火大会に行くと、浴衣の気崩れを必死に直そうとしたのか、余計に崩れてしまっている女性も少なくないですよね……。浴衣の着崩れを防ぐには、事前に浴衣を着た状態で1日過ごしてみるのがおすすめです。また、浴衣の着付けや帯の結び方は練習を重ねるとできるようになるので、この機会に練習してみるのもアリですね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.