恋愛情報『むしろトラウマ…? 別れ方があっけなさすぎる選手権』

2020年8月17日 07:15

むしろトラウマ…? 別れ方があっけなさすぎる選手権

むしろトラウマ…? 別れ方があっけなさすぎる選手権


一緒にいたくて仕方がなく、好きだから付き合い始めたのに、拍子抜けするようなあっけない別れ方だとショックを受けてしまう人もいるもの。
ドラマのように、泣いたり、泣かれたり、しがみついたり、しがみつかれたり、忘れられなかったり、忘れてもらえなかったりというのを想像していたら、あっけなさすぎてむしろトラウマになってしまうこともあるようです。ここではそんな別れ方をした人たちを募ってみました。

別れ方があっけなさすぎる…

1. 4年付き合った彼氏と音信不通「4年付き合った彼氏。最後のほうは会うペースが1か月に1回になって、気づけば季節がめぐる3か月に1回くらいのペースでのデート。お互いに仕事が忙しいし連絡無精だから、このまま一緒に暮らしたり、結婚したりするのかなぁなんて思っていたら、音信不通に。連絡をしても返ってこないまま1年。
風の噂で転勤したと聞いて、これは別れたってことなんだなと実感。むなしい」(30代/看護師)

▽ 4年付き合ったものの、音信不通で別れる結果に。たしかに、季節がめぐるごとに会うペースでは「本当に付き合ってるの?」と不思議な気持ちになるもの。そのままフェードアウトではなかったぶん、後を引きそうな別れ方ですね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.