恋愛情報『どこまで押してOK? 受け身男子の脈アリサイン』

2020年9月21日 09:28

どこまで押してOK? 受け身男子の脈アリサイン

目次

・受け身男子の脈アリサイン
・誘いに応えてくれるのは好意がある証拠
どこまで押してOK? 受け身男子の脈アリサイン


何度かデートしていてもはっきり告白されない状態が続くと、どうしてもモヤッとしてしまうもの。「男なら堂々と付き合おうと言ってほしい」という不満の声を聞くことも少なくありませんが、受け身男子の好意の見抜きかたはどうするのが正解?受け身男子なみなさんにきいてみました。

受け身男子の脈アリサイン

流れに乗ってくれるのは嫌じゃない証拠「妻とは友達の紹介で知り合いましたが、恐らくお互い一目惚れではなかったと思います。ただ、妻の方が積極的にグイグイ来てくれて、告白も妻から。プロポーズも、いつの間にか相手の両親と会う話をセッティングされていて、新居選びまで決まっていました。
自分で引っ張っていくのは苦手なので、そうやって決めてもらうのは嫌いじゃないです」(28歳/男性/既婚)

▽ 外堀をどんどん埋めていったとき、それに逆らわずに乗ってくれる相手なら間違いなく好意があると思っていいでしょう。
さすがにいきなり結婚に導くのはやりすぎでも、デートのセッティングなどは女性のほうから積極的に行って彼の反応を見てみるのは決して悪いことではありません。
「次は来週会いませんか?」など、予定をどんどん入れて「会うのが当たり前」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.