恋愛情報『コロナ禍のお陰! プロポーズしてくれない彼と結婚話が進んだ体験談』

2020年9月26日 07:15

コロナ禍のお陰! プロポーズしてくれない彼と結婚話が進んだ体験談

目次

・先の見えない遠距離で急接近
・見えない恐怖に勝った安心感
・男気あるサポート力
・別れの決断が結婚まで
・まとめ
コロナ禍のお陰! プロポーズしてくれない彼と結婚話が進んだ体験談


彼と結婚したいという願望はあっても、「彼からのプロポーズ待ちです」という女性は少なくないでしょう。しかし、今年はコロナ禍がきっかけで結婚話が進んだカップルが多いようです。どんな理由や状況で結婚話が進んだのか、体験談を伺ってきました。

先の見えない遠距離で急接近

「関東と関西の遠距離なのですが、関東から会いに行こうものなら周りの批判がすごくて。会うだけでもこんなに気を使うなんて耐えられず、堂々としたい!それを伝えたら『会いたくても会えないんじゃ結婚するしかないね』って。なかなか結婚話を出してくれなかった彼なので、このときばかりはコロナに感謝しました」(28歳/保険)

▽ 終息はまだまだ先と言われていますが、それが年内なのか、来年なのか、あるいはもっと先なのか……。先が見えない不安で遠距離恋愛のカップルは非常につらい期間だと思います。会えない距離なら結婚して一緒に住むしかないと彼が決断してくれたのは、まさにコロナが作り出した環境が後押ししてくれたと言っても過言ではありませんね。

見えない恐怖に勝った安心感

「彼も私もリモートできない職種なので、毎日の電車通勤や職場などで見えない感染恐怖におびえていました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.