恋愛情報『イタタタタ…モテると勘違いしていたヤバい行動5選』

2020年9月26日 19:28

イタタタタ…モテると勘違いしていたヤバい行動5選

目次

・○○を拾って無邪気さをアピール
・飲み会の席で眠くなったアピール
・セクシー系を目指す
・肩や背中が裂けている服を着る
・アンニュイな女を演じたら…
イタタタタ…モテると勘違いしていたヤバい行動5選


若い頃は、不特定多数の人からモテたいと思う時期があるもの。ちやほやされたい、好きと言われたい願望は隠していてもあふれ出てしまうものです。またモテたいがために、はたから見たら痛いような言動を堂々ととっていたなんてこともあるでしょう。
ここではそんな、モテると勘違いしていたヤバい行動や黒歴史を聞いてみました。

○○を拾って無邪気さをアピール

「無邪気な子どもっぽい子がモテるって聞いたことがあったから、みんなでピクニックに行ったときにどんぐりを拾って無邪気さをアピール。みみずを見つけて木の棒でつついてみたりとかしていたけど全然モテなかったなぁ。
今振り返ると、30歳に近い女がどんぐりにはしゃいでみみずを木の棒でつつくってちょっとないわってわかる」(30代/看護師)

▽ 無邪気さをアピールするために、20代後半でどんぐりを拾いまくる女性。たしかにちょっと違和感がありますね。みみずを木の棒でつついたりと頑張ったそうですが、なかなかモテなかったそうです。はたから見ると面白い話なだけに残念。

飲み会の席で眠くなったアピール

「ふわふわーっとした感じの天然な子がモテると思っていたから、飲み会に参加するたび『なんだか眠くなってきちゃった~』って言いながら寝たふりをしていたなぁ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.