恋愛情報『聞きたくない…! 人生でもっともショックだった告白の断られ方』

2020年9月27日 22:00

聞きたくない…! 人生でもっともショックだった告白の断られ方

聞きたくない…! 人生でもっともショックだった告白の断られ方


好きな人に勇気を出して告白したのに、フラれてしまうとそれだけでショックを受けるもの。ただでさえ苦しいのに、追い打ちをかけるようにショックなことが起こるともう立ち直れない気持ちになりますよね。
ときには絶望したり、一生恋なんてしないと思うこともあるでしょう。ここではそんな、人生でもっともショックだった告白の断られ方を聞いてみました。

ショックだった告白の断られ方

「女として見れない」「3年くらい友達だった男の子に告白したら“女として見れないわ、ごめん!”って軽く言われたこと。
私はずっと彼のことを男の人として見ていたし、友達ではあったけど一緒にいる期間ずっと好きだったから、私のことを1ミリも女として見れないんだなっていう対応にショックを受けた」(20代/看護師)

▽ もっとも多かったのは、好きな相手に「女として見れない」と言われたことでした。告白の断り方にも言い方があるもの。
女として見れないというのはなかなか失礼ですよね。「友達以上に見れない」というのならまだしも、「女性として見れない」と言われると傷ついてしまうものです。

「妹のほうが好きで…」「好きだった幼馴染の男の子に告白したら、“ごめん。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.