恋愛情報『嫌われにくい“デートのドタキャン”LINEのつくりかた4つ』

2020年10月23日 21:00

嫌われにくい“デートのドタキャン”LINEのつくりかた4つ

目次

・誠意が伝わるLINEにするためのコツ
・予定がすんだら電話をしてみるのも有効
嫌われにくい“デートのドタキャン”LINEのつくりかた4つ


デートの約束をしていたにも関わらず、どうしても行けなくなってしまうこともありますよね。
楽しみにしていた予定をドタキャンするのは残念ですが、仕事をはじめとする優先順位の高い用事などがデートの約束後に突如割り込んできてしまうことは、大人になればしばしば起こり得る話。このときに大切なのは、“いかにして相手に誠意を見せられるか”ではないでしょうか。

誠意が伝わるLINEにするためのコツ

1. まずは“謝罪の言葉”を入れるどんなに大切な予定であっても、自分の都合で約束をキャンセルしたことにかわりありません。彼もあなたとのデートを楽しみにしていたでしょうし、がんばって予定をやりくりして都合をつけてくれていたかもしれません。
いずれにせよ、予定が入ってしまったことを「仕方ないでしょ」のひと言ですませるような物言いだけは避けましょう。

2. 残念な気持ちを伝えるたとえどんなに時間がないなかでLINEを送らなければならないのだとしても、くれぐれも事務的な内容にならないように注意したほうがいいでしょう。
残念に思っている気持ちが伝わるのとそうでないのとでは、ドタキャンをされたことのショックさがまったく違ってきます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.