恋愛情報『結婚を考えていたのに…アラサー女性がカレを見損なった瞬間とは?』

2020年10月25日 22:28

結婚を考えていたのに…アラサー女性がカレを見損なった瞬間とは?

目次

・実は友達にお金を借りていた
・女の子にダラしないところを見たとき
・仕事がデキないことを知ったとき
・30歳をすぎてもマザコンだった
・まとめ
結婚を考えていたのに…アラサー女性がカレを見損なった瞬間とは?


アラサーにもなると、結婚を考えて交際する人も多いのではないでしょうか。しかし、結婚を考えるほど大事な相手だからこそ、相手にガッカリしたり、見損なったりする瞬間もありますよね。
今回は、アラサー女性がカレを見損なった瞬間について聞いてみました。

実は友達にお金を借りていた

「『オレの友達に会ってよ』と言われ、友達数名との飲み会に顔を出したとき。酔っぱらった友達が『お前、結婚する前にあのときの4万返せよ』と言っていた。そして『なんだお前も?オレにも2万借りがあるだろう』と別の友達が言いはじめて、カレがいろんな人からお金を借りていることが判明した」(26歳/公務員)

▽ 友達にお金を借りていて、それを返していないなんて聞くと、見損なってしまいますよね。「結婚を考えられる相手じゃないかも」と思ってしまいます。

女の子にダラしないところを見たとき

「社内恋愛なので同じ飲み会に顔を出すことが多いけど、新しく入社した若い女の子に誰よりもデレデレしていて情けなくなった。『今はコンプラがうるさいから、カレシがいるか、聞いちゃダメなんだよね?』とか『絶対モテたよね?今まで何人と付き合ったの?』とか言っていて、情けなかった」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.