恋愛情報『考えが甘かった! 新婚時代に“キツイ!”と感じた経験5つ』

2021年1月16日 18:28

考えが甘かった! 新婚時代に“キツイ!”と感じた経験5つ

考えが甘かった! 新婚時代に“キツイ!”と感じた経験5つ


大好きな彼と結婚、ラブラブな新婚生活を楽しめるかと思いきや、実際には夢と現実のギャップに苦しんだ、なんてこともよくあるみたい。新婚生活への夢や期待感が大きければ大きいほど、そのギャップは大きく感じられ、打ちのめされてしまうことでしょう。
今回はそんな「新婚時代に“正直キツイ!”と感じた経験」を集めてみました!

新婚時代に“キツイ!”と感じた経験

1. 日常生活の小さなクセがとっても気になる交際中はそれほど気にならなかったけど、いざ一緒に暮らし始めてみると相手のちょっとしたクセや習慣が気になってしまう、ということがよくあります。食べ方、トイレの入り方、冷蔵庫の使い方――以前は大目に見れていたことでも、毎日のこととなるとイライラやストレスが募ります。
一番手っ取り早いのはいちいち反応せず、自分が慣れてしまう、あるいはうまくスルーすることなのですが、それまでがいばらの道です……。

2. 夫と毎日一緒に寝るのがツラい夫と毎日同じベッドで寝る、というのも恋人時代ほどロマンチックなものでもなくなってきます。ベッドに入る時間が違ったり、相手の寝相が悪くて起こされたり、部屋の温度設定で意見が合わなくて揉めたり、なんてことがひんぱんに起こるようになると、夜もしっかり眠れずイライラしがち。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.