恋愛情報『実は紙一重!?「一途」な女性と「重い」女性の決定的な違いとは?』

2021年1月23日 22:28

実は紙一重!?「一途」な女性と「重い」女性の決定的な違いとは?

目次

・相手への制限の有無
・相手本位か自分本位か
・ネガティブなことも受け止められるか
・恋愛で孤独や不安を埋めていないか
・「重い」を「一途」に変えよう
実は紙一重!?「一途」な女性と「重い」女性の決定的な違いとは?


一途な女性は男性から愛されやすいですが、いきすぎると「重い」と思われることもありますよね。この「一途」と「重い」の特徴はとても似ていて、紙一重ともいえます。いったい何がわかれ目になるのか、決定的な違いを見ていきましょう。

相手への制限の有無

嫉妬や束縛などの制限は、相手を信じきれないからこそ生まれます。実際に制限された側は「なぜ疑うの?」「信じてくれないの?」と悲しい気持ちになるみたい。浮気などをしていないのに疑われれば、「重い」と思われてしまうでしょう。
反対に一途な女性は相手のことを信じて、むやみに制限をしません。また、制限するよりも「甘える」「魅力で惹きつける」などのポジティブなアプローチを頑張ります。

相手本位か自分本位か

実は紙一重!?「一途」な女性と「重い」女性の決定的な違いとは?


一途な女性は「相手のため」に、重い女性は「自分のため」に行動する傾向があります。
自分が愛されることに意識が向きすぎると、彼への配慮や愛情が不足してしまうもの。男性からすると「自分のことばっかり」「ワガママ」と感じる原因に。自分を大切にすることも重要ですが、「相手に満たしてもらう」のではなく「自分で自分を満たす」ようにしましょう。

ネガティブなことも受け止められるか

恋愛するといいことばかりではないですよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.