恋愛情報『これくらいのウソならオッケー? 結婚式後に知った新郎新婦のヒミツ』

2021年1月27日 19:28

これくらいのウソならオッケー? 結婚式後に知った新郎新婦のヒミツ

目次

・新郎がバツイチだった
・両親が離婚していた
・アプリで知り合ったけれど…
・新郎の参列者がほぼサクラ
これくらいのウソならオッケー? 結婚式後に知った新郎新婦のヒミツ


幸せいっぱいの結婚式。参列側からすると、新郎新婦は何もかもうまくいっているように見えますよね。でもその裏には建前上、周囲には隠していることもチラホラ。後から知ったときは驚きますが、ふたりが納得していればそれでいいのかなと思ったり……。そこで今回は「結婚式後に知った新郎新婦のヒミツ」をご紹介します。

新郎がバツイチだった

「学生時代の友達に招待されて、結婚式に参列しました。その子とは久しぶりに会ったので詳しく知らなかったのですが、後から旦那さんがバツイチだと判明。結婚式では一切そんな雰囲気がなかったのでビックリしました。たしかに旦那さん結構年上だったし、珍しい話じゃないのかも」(20代/印刷)

▽ わざわざ結婚式で離婚歴を話す必要もないですよね。久しぶりに会う友人だと、こういった裏事情もゼロではないのかもしれません。

両親が離婚していた

「遠い親戚の結婚式に参列した際、はじめて会う新郎の両親とも挨拶をしたんです。あちらのお母さんも『みんな親戚になるのね!』と言っていたし、お父さんとも仲がよさそうだったんだけど、実は別れて10年以上たつと発覚。
息子の結婚式のために、久しぶりに顔を合わせたそうです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.