恋愛情報『よかれと思ってだろうけれど…女性が内心複雑な「褒めゼリフ」5つ』

2021年4月20日 07:28

よかれと思ってだろうけれど…女性が内心複雑な「褒めゼリフ」5つ

目次

・「ナチュラルメイクのほうがいいよ!」
・「○歳!?全然見えないね!」
・誰かと比べて「かわいいね」
・「芸能人の○○ちゃんに似てるね!」
・「おしとやかそうですね!」
よかれと思ってだろうけれど…女性が内心複雑な「褒めゼリフ」5つ


自分では褒めたつもりでも、相手がどう捉えるかはわかりません。そのため気持ちはありがたいけれど、正直「それあまりうれしくないな」なんてこともあるのでは?それに何度も繰り返し言われると、だんだん嫌味に聞こえてくることも……。そこで今回は女性が思う、「内心複雑な“褒めゼリフ”」をご紹介します。

「ナチュラルメイクのほうがいいよ!」

「私はもともと濃いメイクが好きなのですが、デートの度に彼から『ナチュラルメイクのほうがいいよ!』と言われて複雑な気持ちに。好きでメイクしているんだから放っておいてほしい」(20代/サービス業)

▽ 褒めてくれるのはうれしいですが、イチイチ押し付けられるとイヤなもの。同様に「ショート(ロング)ヘアのほうが似合うと思うよ~」なんてアドバイスをされるのも微妙。あくまで自分のためのオシャレだからこそ、執拗に口を出さないでほしいでしょう。

「○歳!?全然見えないね!」

「街コンなどで年齢を言うと『え、33歳!?全然見えないね!』と驚かれることがある。多分若く見えると褒めてくれているんだろうけれど、思ったよりおばさんと言われているようでヘコむ。変にお世辞を言うくらいなら、サラッと流してくれたほうが100倍いいです」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.