恋愛情報『いま思い出しても悔しい! 婚約破棄に至った原因とは?』

2021年5月2日 02:00

いま思い出しても悔しい! 婚約破棄に至った原因とは?

目次

・カレに好きな人ができた
・なんだか違和感がある
・家族同士のソリが合わなかった
・母親があまりに強く反対した
・まとめ
いま思い出しても悔しい! 婚約破棄に至った原因とは?


最近では3組に1組の夫婦が離婚すると言われています。ですがそのもっと前、つまり結婚する前に婚約破棄となるケースもあるようです。そこで今回は、婚約目前に台無しになってしまったエピソードを教えてもらいました。ショックな出来事かもしれませんが、離婚歴が付かないだけマシだと割り切ってほしいものですね。

カレに好きな人ができた

「ホテル最上階のレストランで派手なプロポーズをしてきた元婚約者。もともとロマンチストで、いろんなことを派手にやりたがる節があった。
でも、そんなカレはロマンチストだから心移りも激しかったようで、『ごめん。ほかに好きな人ができたから結婚ナシにしてほしい。結婚前に本当に好きな人に気付けてよかった、下手したら不倫していた』と言ってきた。ちょっと理解できなかったけど、とにかく別れた」(31歳/看護師)

▽ 派手好きのロマンチストで心移りしやすいタイプだったんでしょうね。プロポーズまでしておいて、覚悟が甘かったのではと思ってしまいます。

なんだか違和感がある

「沖縄のホテルでプロポーズされたが、2か月後に『やっぱり、なんか違う。違和感がある』と言われて婚約破棄された。違和感があるって、プロポーズする前には気づけなかったの?2年も同棲もしてたのに……。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.