恋愛情報『女子力アップには欠かせない! 今さら聞けない慣用句の正しい使い方パート2』

2013年8月31日 22:00

女子力アップには欠かせない! 今さら聞けない慣用句の正しい使い方パート2

女子力アップには欠かせない! 今さら聞けない慣用句の正しい使い方パート2

こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。

私が考える女子力の高い人は、美しい日本語を話す人。
言葉遣いはその人の内面を映しだす一番の要素です。

女子力の高い人が言葉遣いだけが汚かったり、間違った言い回しで話していたりすると、少し残念な気持ちになりませんか?
逆に、しっかりと美しい言葉で話す人は好感がもてるもの。

毎日発しているものだからこそ気をつけたい、そんな「言葉」について今日は書いていきたいと思います。

前回、意味はなんとなくあっているけど、「結びの言葉が決まっているのに正しく使われていない慣用句」を紹介しましたが(過去記事をご参照ください)、今回は言葉はよく聞いたことがあるけど実は全く別の意味だった! という慣用句を紹介していきたいと思います。

ついつい間違えて使ってしまいがちですが、ここでぴしっと正しい使い方を覚えて日本語美人になりましょう。

1.気が置けない
これの意味は、
○ 気遣いする必要がない。遠慮がない。
という意味。

あれ?置けるの?置けないの?と否定と肯定がごっちゃになっている場合がありますが、「気が置けない」が正しい使い方。
「気が置けない友達」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.