恋愛情報『まさか? 20~30代でも更年期が。日常で予防していつまでも若々しくいよう!』

2013年9月5日 22:00

まさか? 20~30代でも更年期が。日常で予防していつまでも若々しくいよう!

まさか? 20~30代でも更年期が。日常で予防していつまでも若々しくいよう!

更年期障害と聞くと、閉経を迎えた50代~の女性が起こりやすい病気と言われていますが、無理なダイエットやストレス、不規則な生活や過労などにより、最近20~30代でも起こりうると若い世代でも注目されるようになりました。それは「プチ更年期」などとも呼ばれ、更年期の症状に加えて、放っておけば無月経や不妊症などの心配も…。今回は知っておくべき更年期のことに加え、日頃出来る予防法をお伝えしていきます。

更年期の症状って?
更年期の問題は20~60代と女性であれば知っておきたい問題。20代~のプチ更年期でも同じような症状が出る場合も。主な症状は

・ホットフラッシュ…更年期の代表的な症状の一つで、ほてりやのぼせのこと。その中でもホットフラッシュは突然顔が赤くなったり熱くなったりする症状で、中には大量の汗をかく方も。
・冷え…更年期の冷えは下半身が冷えているのに顔はのぼせているという「冷えのぼせ」が多い。
・動悸、息切れ、疲労感…少し動いただけでも体が疲労を訴えることが多い。
・めまい、耳鳴り
・肩こり、腰痛、関節痛、頭痛、手足のしびれ

などが多く、見えない心身的な部分では、不眠やイライラ、憂うつなどの心の不安定の症状が出ることが多く、症状の出方は強い方から弱い方まで人それぞれです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.