恋愛情報『思っていたのと違う…結婚の“理想と現実”あるある』

2021年9月25日 21:28

思っていたのと違う…結婚の“理想と現実”あるある

思っていたのと違う…結婚の“理想と現実”あるある


結婚は「大好きな人と一緒に生活できる喜びに満ちているもの」なんて想像する人も多いのではないでしょうか?どれくらい月日がたっても、自分たちだけは間違いなくラブラブの状態でいる!なんて思ってしまうのが、大恋愛というものです。
とはいえ、理想と現実は違うもの。ここではそんな、思っていたのとは違う結婚の理想と現実あるあるを聞いてみました。

結婚の“理想と現実”あるある

理想: 愛いっぱい現実: お金大事「結婚は愛が大事!愛さえあればお金がなくても大丈夫!と思っていたけど、現実問題お金は必要。ステキなおうちに住むのも、おいしいものを食べるのにもお金が必要で、お金がないと生活が貧しくなって心まで追い詰められていく。そうすると、愛がどんどん冷めていくから、やっぱりお金は大事なんだなと思っているところ」(30代/医療事務)

▽ どんなに好きな相手でも、結婚となると現実が差し迫ってくるもの。愛だけでは食べていけません。お金に不安がない状態で初めて愛が芽生えるのです。

理想: 趣味が広がる現実: 趣味の時間が減る「結婚ってもっと、世界が広がるものだと思っていたよ。相手の好きなものを好きになったり、相手の趣味に自分も興味をもったり。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.