恋愛情報『海外で注目されている健康食品「スピルリナ」って一体なに?』

2013年10月6日 19:30

海外で注目されている健康食品「スピルリナ」って一体なに?

海外で注目されている健康食品「スピルリナ」って一体なに?

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、近年、海外で健康食品として注目され始めた「スピルリナ藻」。スプリルナは35億年以上も前から地球に存在していましたが、1900年代、フランスの学者がアフリカの市場で発見したのがきっかけとなり、世界中で健康食品として扱われるようになりました。今日は謎の健康食品「スピルリナ」について紹介します。

スピルリナって?
スピルリナとは、古来アフリカや中南米の湖に自生する藻類のこと。栄養価が高く、タンパク質が豊富なため、現地の人に重要な栄養源として重宝されてきました。また、フラミンゴの主食としても知られ、フラミンゴの体が赤いのは、スプリナに豊富に含まれるβ—カロチンが沈着したためといわれています。

スピルリナの栄養素
40種類以上もの栄養素を含むスピルリナ。その栄養素は、タンパク質、脂肪酸、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、リン、カリウム、などなど、超豊富。その中でもタンパク質が最も多く、大豆や肉類と比較してもその含有量はトップクラス。さらに必須アミノ酸が9種類も含まれています。

免疫力アップ
スピルリナにはリンパ球を活性化する効果があり、これにより免疫力がアップ! 体内に侵入してきたウィルスや細菌をやっつけてくれます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.