恋愛情報『夫婦喧嘩の時に思い出したいシンプルな式 「(a+b)÷2=c」』

2013年10月8日 11:00

夫婦喧嘩の時に思い出したいシンプルな式 「(a+b)÷2=c」

夫婦喧嘩の時に思い出したいシンプルな式 「(a+b)÷2=c」

「朝はパン派? ご飯派?」からはじまり、生活習慣、食の好み、人付き合い、子育てと、なにかと違いの起こりやすい夫婦。「価値観が違うから」で終わらせるのは簡単ですが、それでは夫婦関係も軌道にのらず、家族もうまく回りません。
多くはどちらかが我慢したり、うやむやにしたり、同じ問題が起きるたびにケンカしたり…。意見が違うたびにイライラしたり溜息を付いていては、身が持ちませんよね。そんな時に思い出したい、簡単な構図をご紹介します。

多くの場合「話し合いになっていない」
「夫の希望をa」、「妻の希望をb」としたとき、意見が違うとどうやって解決しますか? 「a+b=aばっかり」「a+b=bばっかり」では、関係が長続きしないのは分かりますよね。我慢の上に成り立つ人間関係など、特に家族間になれば成り立たないからです(会社の上司なら話は別ですが)。
たとえば夫が「肉が食べたい」と言い、妻が「魚を食べたい」と言う。こんな時に寿司屋に行っても、焼肉に行っても、どちらか一方が不機嫌になり、家族全体が暗いムードの中食べる羽目になります。焼き肉屋に言って希望を叶えた夫も、「そんなに美味しくなかった」と感じ本末転倒に。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.