恋愛情報『一人で号泣したい 秋にぴったりのキュンとくる切ない映画』

2013年10月12日 12:30

一人で号泣したい 秋にぴったりのキュンとくる切ない映画

一人で号泣したい 秋にぴったりのキュンとくる切ない映画

鮮やかに紅葉して散って行く木の葉に、澄み渡る秋晴れの空。楽しい夏も終わり、なんだかしんみりしちゃうこの季節。夜も長いことなので映画でもいかがですか? 今日はこの季節にぴったりの「きゅんとしちゃう! だけど切ない…」一本をご紹介します。

ロミオ+ジュリエット
1997年:レオナルド・ディカプリオ/クレア・デーンズ
シェイクスピアの不朽の名作「ロミオとジュリエット」をブラジルを舞台に現代風アレンジ。シェイクスピアの小説からそのまま引用した美しい台詞と、シーンを盛り上げるラブソングが秀逸な一本。水槽のガラス越しに2人が視線を交わす出会いのシーンは胸キュン必須! あどけないやんちゃさを残すレオ様のセクシーさにもうっとりしちゃうはず。

ムーランルージュ
2001年:ユアン・マクレガー/ニコール・キッドマン
作家志望のクリスチャンとキャバレー「ムーランルージュ」のスターサティーンの恋を描いたミュージカル映画。衣装もキラキラ! セットもキラキラ! ぐるぐる回るカメラワークに往年のラブソング! なんだかはちゃめちゃな世界観にどんどん引き込まれる作品。ユアンとニコールの吹き替えなしの歌声と、透き通るような肌のニコールの美しさにため息が出る一本。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.