恋愛情報『2014年をもっと幸せにする! 世界のちょっと変った“新年のゲン担ぎ”』

2013年12月30日 19:00

2014年をもっと幸せにする! 世界のちょっと変った“新年のゲン担ぎ”

2014年をもっと幸せにする! 世界のちょっと変った“新年のゲン担ぎ”

日本では大晦日にお蕎麦を食べて長寿を願ったり、語呂合わせや掛け言葉を使った食材のおせちでゲン担ぎをしたりしますよね。同じように、世界の国々にもそれぞれ “ゲン担ぎ”がたくさんあるようです。そこで今回は、ラッキーを引き寄せる新年のちょっと変った“ゲン担ぎ”をご紹介します。

デンマーク:お皿を投げつける
デンマークには大晦日に知り合いや、お隣さんの家のドアにお皿を投げつける風習があるんだとか。お皿が割れれば割れるほど、次の年にはラッキーなことがたくさん起こるのだそうです。翌日、家の前に破片がたくさん落ちていたらすっごくラッキー! ということらしいのですが……。元旦からそれを掃除するのはちょっと複雑な気も……。

ブラジル:びしょぬれでお祝い!
ブラジルでは平和の象徴である“白い”服を着て大晦日をビーチで祝うのだそうです。年が明ける12:00になると、みんなで海に飛び込んで海の女神“イエマンジャー”にいろいろな捧げものをするんだとか。日本でやったら寒さで死人が出そうなこのお祝い。温かい南米ならではの楽しい風習ですね。

ドイツ:鉛占い
“ブライギーセン”と呼ばれる風習。熱いスプーンの上で鉛を溶かし、それを水の中に落として固まったものの形で次の年を占うというもの。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.