恋愛情報『揚げ物や油っぽいものが大好きな人必見! どうして脂肪分の高いものほど美味しく感じ、ついつい食べ過ぎてしまうのでしょう?』

2014年1月14日 20:00

揚げ物や油っぽいものが大好きな人必見! どうして脂肪分の高いものほど美味しく感じ、ついつい食べ過ぎてしまうのでしょう?

揚げ物や油っぽいものが大好きな人必見! どうして脂肪分の高いものほど美味しく感じ、ついつい食べ過ぎてしまうのでしょう?

ポテトチップス、唐揚げ……、揚げ物やこってりしたものが大好きという人は多いはず。脂肪分が高ければ、ダイエットの大敵だと分かっていてもどうしてこうも止められないのでしょう?? それにはれっきとした理由があるのです! 脂肪分が多いものほど美味しくて、その分ついつい食べ過ぎてしまう、それにはこんな理由があるからなのです。

脂肪分+塩分=美味しさ倍増のゴールデンコンビだから
脂肪分と塩分が組み合わさると、とっても美味しく感じる、ますます食べたくなる。そんな相乗効果があるのです。たとえば、ファーストフード店のポテトチップス、塩気が多いなと感じつつも、食べだしたら止まらなくなると言う経験が誰にでもあるはずです。この組み合わせは味覚を“麻痺”する作用があるため、食べれば食べるほど、味に敏感になり、味を楽しむためにますます食べる必要を感じるといういわば悪循環に陥ります。味覚を狂わすこのコンビ、食べ過ぎの大きな原因のひとつでもあります。

柔らかくて、咀嚼しやすい、食べやすさが罠に……。
かつての日本の食生活には、小魚や玄米などよく噛んで食べるべきものがたくさんありました。よく噛むことで、あごを鍛え、また少ない食べ物でも満足感を得る効果があったのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.