恋愛情報『悩ましい時代だからこそ考えておきたい! “打たれ強い子”に育てるための育児ルール』

2014年1月31日 21:30

悩ましい時代だからこそ考えておきたい! “打たれ強い子”に育てるための育児ルール

悩ましい時代だからこそ考えておきたい! “打たれ強い子”に育てるための育児ルール

ストレスが生活のさまざまな面に満ち溢れ、大人でも生きづらさを感じやすい時代です。心がまだ発展途上な子どもたちなら、なおさら周囲からの有形無形のプレッシャーや思惑を受け、ストレスを抱え込みやすいことでしょう。私たち大人はそんな彼らの弱さや脆さをしっかりと理解してあげるべきだと思います。そしてもちろん、ストレスに負けない“打たれ強さ”を教えてあげることも大切。そのためにも覚えておきたい育児ルールについてまとめてみました。

ルール1:取り乱したり、パニックになりそうなとき、“深呼吸”して落ち着きを取り戻させる
幼い子どもは取り乱したり、パニックになると理屈どころではなくなります。そんなときに、叱ったり、「どうして言うことが聞けないの」なんて怒るのは逆効果。まずは落ち着きを取り戻させることを優先させましょう。まずは落ち着いて3回深呼吸をゆっくりさせます。その間、抱きしめてスキンシップを図ったり、目を閉じて視界からの情報をシャットアウトさせるのも有効です。

ルール2:“失敗”は悪いことじゃないと教える
なにかできなかったり、うまく行かなかったとき、単純な子どもはすぐに落ち込んだり、失敗を恥ずべきことととらえがち。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.