恋愛情報『どんな肌質でも使いこなせる! 「美容オイル」の正しい使い方・選び方』

2014年3月17日 19:30

どんな肌質でも使いこなせる! 「美容オイル」の正しい使い方・選び方

どんな肌質でも使いこなせる! 「美容オイル」の正しい使い方・選び方

最近、スキンケアに「オイル」を投入する人が増えているようです。保湿や導入、マッサージ、クレンジングなど、幅広く使えるという汎用性の高さも人気の秘訣。そこで今回は、オイルの上手な使い方から、オイルを選ぶ時に注目して欲しいポイントなど、オイルについてさまざまな角度からご紹介したいと思います。

オイルの上手な使い方
オイルを使うと、どうしてもニキビができたり脂っぽくなるという方も多いと思います。確かにオイルは油分なので、つけ過ぎは厳禁。それぞれのオイルの説明書にある用量(おそらく1~2滴と書かれているはず)はかならず守りましょう。肌の潤いは、水分と油分のバランスが整っていることが重要なので、油分が増えすぎるとバランスが乱れて肌トラブルを招いてしまいます。また、乾いた状態の肌だとどうしてもオイルの伸びが悪く、摩擦が起きる可能性もありますので、若干濡れた状態の肌に使用するのがおすすめ。手を湿らせておいて、そこにオイルをのばすだけでも、乾いた肌に使うより刺激は少なくなるそうですよ。

純度もチェック
見落としがちですが、オイルには純度があり、純度が高いものほど肌にとっても良いオイルとなります。ただ、「100%○○オイル」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.