恋愛情報『「自分の可愛い写真がほしい…!」プロの写真家が教える「被写体モデル」のコツ』

2014年4月4日 19:14

「自分の可愛い写真がほしい…!」プロの写真家が教える「被写体モデル」のコツ

「自分の可愛い写真がほしい…!」プロの写真家が教える「被写体モデル」のコツ

ツイッターやフェイスブックで流される「被写体モデル募集中!」という文字に、思わず手を止めたことのある女子も多いのではないでしょうか?「わたし、別に可愛くはないけど、そんな悪くもないと思うんだよね……」「モデルはハードル高いけど、被写体だったらやってみたいかも……」。自然な状態の自分を綺麗に撮ってほしい!と願うのは、女子なら誰でも持っている自然なことですよね。
そこで今回は、プロのカメラマン朝岡英輔さん(@eisukeasaoka)にお願いをして可愛く撮る&撮られるコツとテクニックについてお伺いしてきました。

…と、その前に朝岡さんはどうしてカメラマンを…?
朝岡さん(以下・朝):活動していたバンドが休止して、勤めてた会社もすごくヒマで、やることがなくなっちゃったんです。だから会社の昼休みの時間に、外でひたすら携帯のカメラで風景スナップ写真を撮り歩いていたんですよ。それで、午後に隙をみて毎日ブログにアップするようになったんです。

ということは、社会人をされたあとにカメラマンになったんですか?
朝:そうですね。会社を辞めようと思ったときに「こんなに毎日撮ってるんだし、遊びじゃなくて一度ちゃんと仕事としてやってみたい」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.