恋愛情報『美容のためでも食べ過ぎ注意! フルーツが冷え性を引き起こすかも』

2014年4月29日 07:30

美容のためでも食べ過ぎ注意! フルーツが冷え性を引き起こすかも

美容のためでも食べ過ぎ注意! フルーツが冷え性を引き起こすかも

朝食や間食にもちょうどよいフルーツですが、食べすぎに注意しなければならない食べ物です。ヘルシーだしおいしいし、そしていろいろな種類のフルーツがどこでも手に入りやすい。しかし美容や健康に良いと思って食べていても、一日の食べる量を制限しないと冷え性の原因になります。また、代謝が落ちてきたと思っている人も注意が必要かもしれないですね。

フルーツの原産国にも注意
年中どこの国のフルーツも買うことができますが、特に輸入されているフルーツはどこも南国の暖かい国の食べ物です。南国のフルーツを食べた後に、体が冷たくなるのを感じると思います。バナナやパイナップルを食べた後、お腹の中からヒヤリと冷たくなってきて、あとからだんだんと体全体が冷たくなる経験をしたことはありませんか?暖かい国のフルーツは、もともとからだを冷やす食べ物なため、暖かい時期でも食べ過ぎると冷え性の元になります。たっぷり食べたくても、少しずつ分けて食べて楽しんでくださいね。

これからの暖かい時期でも注意
春から夏にかけて、フルーツを食べたくなってきたな、と思う人も多いかもしれませんね。気候も暖かくなり、のども潤いしてくれるフルーツはとてもおいしく感じられます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.