恋愛情報『種類が3つも? ナッツの油って本当に体に良いの? 』

2014年5月9日 08:00

種類が3つも? ナッツの油って本当に体に良いの? 

種類が3つも? ナッツの油って本当に体に良いの? 

良質な油分が取れるとして、ナッツが好まれていますが、実際ナッツの油分にはどんなものがあるかご存知ですか?実は3つの種類のオメガ脂肪酸というものがふくまれていて、ナッツの種類によってバランスが違います。

オメガ脂肪酸の種類とは?
オメガ脂肪酸の種類には、オメガ3、オメガ6、オメガ9の3つがあります。それぞれ体内に必要な油分で、効能が違います。
オメガ3は血液をさらさらにする効果があり、血液の悪玉コレステロールを減らし、アレルギーを改善するなどの効果があるすばらしい油分です。代表的な油としては、アマニ油や魚に含まれています。
オメガ6の場合は、含まれる脂肪酸にリノール酸というものがあり、それが不足すると、皮膚や臓器などへのトラブルが発生する恐れがあります。代表的な油は、コーン油などの植物油、肉などから取れます。オメガ3とオメガ6は不飽和脂肪酸といって、体内で生成できない成分なので、食品からとらなければなりません。
そして飽和脂肪酸であるオメガ9は体内で生成することのできる成分なので、取りすぎる必要のない油分です。しかし、日常的に摂取することで、悪玉コレステロールを減らす効果があり、肝臓機能も高める働きが確認されているものです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.