恋愛情報『可愛いやきもち、可愛くないやきもちのボーダーライン』

2014年6月16日 17:00

可愛いやきもち、可愛くないやきもちのボーダーライン

可愛いやきもち、可愛くないやきもちのボーダーライン

恋にはつきものなのが「やきもち」。やきもちを焼くこと自体、相手を好きな証拠ともいえますが、度が過ぎると自己嫌悪に陥ったり、彼をうんざりさせてしまうことも。可愛いやきもちと、彼がドン引く怖い嫉妬、どこが境界線なの?

可愛い?怖い?やきもちのボーダーライン
「多少のやきもちは可愛いし愛されているんだなと思える」という男性の声は多いですが、じゃあ多少って何なのよ?って話ですよね。これまでに「怖い・重い」と感じたやきもちのパターンは

・ただ身近にいるだけの同僚女子などとの関係を思い込みで責められる

・男友達と遊ぶことに文句を付けたり、男友達の悪口を言われる

・携帯と財布のチェック

・元カノなど、出会う前の女関係に対しての嫉妬

・「どうせ私なんて、その人に比べたら可愛くないから」などの卑屈な発言

などが挙げられました。
彼の周囲の人たちを、勝手な思い込みによる嫉妬で貶したり敵視したり、という言動は、やましこいことがない彼から見ると「何をそんなに怒っているの?」という気持ちになるもの。さらに、卑屈になったり、嫉妬に駆られて「もっと会おうよ!(怒)」と彼を責めて追い込んだり、「友達と私、どっちが大切なの!」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.