恋愛情報『ある日突然、お母さんがいなくなった~『だから荒野』(桐野夏生/毎日新聞社)より~』

2014年6月18日 07:00

ある日突然、お母さんがいなくなった~『だから荒野』(桐野夏生/毎日新聞社)より~

ある日突然、お母さんがいなくなった~『だから荒野』(桐野夏生/毎日新聞社)より~

Googirl読者の皆さんは、母親のことを「一人の女性」として考えられるようになったのはいつでしょうか?家族のことを真剣に考えるのは、簡単なようで、距離が近すぎる分、実はすごく難しかったりしませんか?
筆者は「お母さん」は一生「お母さん」であってほしいと思っていたのですが、本当は母親も決して完璧ではない、一人の人間です。学校に行って、仕事をして、恋をして結婚した。そのことを忘れてはいけないなあ……と、ようやくアラサーになってから気が付きました。
今回ご紹介したい本は、人間の嫌な面を書かせたら右に出る者はいないと思われる、桐野夏生さん作の『だから荒野』です。
46歳の誕生日、身勝手な夫や息子たちと決別し、東京から1200キロの旅路へ出る主婦・朋美のお話です。
「家族」という荒野を生きる朋美は、家族を捨てて遠くへ行き、そこで何を見たのでしょうか?

人生はずっと荒野?
本書の主人公は46歳の主婦である朋美です。サバサバした性格の母親ですが、夫や息子の態度にはホトホト疲れ果てていました。「ママタク」と称され、四六時中、お迎えに呼び出され、また夫は浮気もしている様子。朋美の誕生日も、彼女は自分でレストランを予約し、自分で車を運転し、家族を乗せてレストランまで向かっていました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.