恋愛情報『アレコレ心配する必要はなかったのかもしれない ~自然卒乳体験談~』

2014年6月19日 08:00

アレコレ心配する必要はなかったのかもしれない ~自然卒乳体験談~

アレコレ心配する必要はなかったのかもしれない ~自然卒乳体験談~

3歳6か月の息子が、先日自然卒乳しました。それまで1日3~4回は飲みにくるほどの、おっぱい大好き。実は2歳半で一度大泣きの中断乳しているのですが、再開してからのアッサリ自然卒乳です。
断乳・卒乳に関しては、日本では「1歳前後で」ブーム。「母乳の成分が薄くなるから」「離乳食食べないから」「やめられなくなるから」と周りからも言われ、ママもアレコレ悩み尽くしますよね。一方でユニセフの調査によれば、世界平均の卒乳時期は4.2歳。
ほかの育児内容と同じく、卒乳も「そこまで心配する必要はない」のかもしれません。

「おっぱいに赤ちゃんがいるから飲めない」
筆者も最初は平均通りがいいだろうと、1歳前後で断乳の予定でした。ところが母乳の出過ぎ&詰まりやすい体質。「ここで断乳したら大変なことになる……」と感じ、断乳の決意をしたのが2歳半。
当時は1日5~6回は飲んでいたので、徐々に減らすも大泣きの中の断乳。夜も眠れず、やはり助産師さんのマッサージなしでは乗り越えられない断乳でした。ところが1か月後、子どもが感染症にかかりやむなく再開。それからも昼寝や夜だけでなく、甘えたいときに飲んでいました。
そして今月、筆者が感染症にかかり「薬を飲むからもうおっぱいは飲めない」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.