恋愛情報『良質なデンプンをとろう! 良質な穀物が取れるランチメニュー』

2014年7月2日 11:00

良質なデンプンをとろう! 良質な穀物が取れるランチメニュー

炭水化物でもある蕎麦粉ですが、お米や小麦と比べると、血糖値の上昇数値であるGIが極端に低くなっています。お米と比べると、約半分くらい違うんですよ。その理由は、蕎麦粉のデンプン質が難消化性デンプン質でできているからです。文字通り消化が難しいという意味ですが、体内での消化や吸収が行われにくいといわれており、小腸で吸収されず、なんと大腸にまでデンプンが運ばれていきます。要は、吸収過程において、糖に変換されずに消化されてしまうのです。そのため、蕎麦粉はお腹を満たしてくれるのに、血糖値もあがらず、ヘルシーな食品として女性には得にお勧めしたい食べ物です。

ジネンジョのデンプン質の良さって?
もともとデンプンは熱を加えることで消化しやすくなりますが、ジネンジョ(山芋)のデンプンは、消化酵素であるアミラーゼが含まれているので、デンプンの消化を助け、熱を加えず生で食べることができます。そのことから、ジネンジョはとても良質な穀物といわれています。このアミラーゼは消化吸収を助ける成分として、非常に活躍してくれます。食べすぎによる消化不良も、ジネンジョを食べていれば、消化剤としての効果が働いてくれるため、胃腸内での負担を軽減してくれたり、食物繊維の多い食べ物をあまりかまずに飲み込んでしまっても、しっかりと消化吸収を助けてくれるなど、優れた成分です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.