恋愛情報『時間に使われてない? 主体的に時間を使うための平日の過ごし方』

2014年7月29日 23:00

時間に使われてない? 主体的に時間を使うための平日の過ごし方

時間に使われてない? 主体的に時間を使うための平日の過ごし方

仕事や飲み会で忙しい平日は、「時間に使われている」感じがしませんか?朝はギリギリまで寝ていて、バタバタ着替えやメイクをし、朝ご飯も適当に出勤。夜は帰ってTVやネットをダラダラ見て、遅くに就寝。こんな1日を過ごしがちですよね。
時間に使われていると、次第に心の余裕や気力もなくしていきます。同じ時間でも、過ごし方を少し変えるだけで、「時間を使う」ことができるのです。今回は平日の1日を例に、そのポイントをご紹介します。

夜は脳をオフに、感覚をオンにする
1日中フル活用した脳は、夜には思考力がガクンと低下しています。考え事をしてもまとまらないですし、マイナス思考に偏り、孤独感に苛まれやすいのも夜。また夜に情報を見て脳を活性化させてしまうと、寝付きが悪くなるというデメリットもあります。
夜は脳をオフにしましょう。考え事はもちろん、SNSやネット、テレビなどで情報を入れるのもやめておいて。代わりに、感覚をオンにしましょう。好きな音楽を聴いたり、アロマを炊いたり、半身浴をしたり、食事を楽しんだり。
そうすると頭がスッキリし、全身もリラックスでき、寝付きや目覚めが良くなります。

朝自分と向き合う
平日で1番自由に過ごせる時間帯といえば、朝ですよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.