恋愛情報『実親の子育てと自分の子育てを比べてみる』

2014年8月12日 11:00

実親の子育てと自分の子育てを比べてみる

実親の子育てと自分の子育てを比べてみる

「子育ては自分育て」と言われるように、子育てを始めて気付いたのが、自分と向き合う機会の多さ。実はそれと同じくらい、「自分の両親」とも向き合っていることに最近気付きました。
いざ自分が「育てる側」に立つと、自分の両親たちの育て方や性格も、よく見えてくるのです。

鵜呑みにする派vs反面教師にする派
周囲を見ると、「自分の親がしたまま同じように育てる」派もいれば、「親を反面教師にして育てる」派がいます。
たとえばイクメンも、自分の父親が家事育児に参加しなかったのをみて「自分も参加しないのが当たり前」と思う人もいれば、母親の苦労を目にしてきて「自分は手伝う」人もいます。実はここで不思議なのが、前者の場合は大抵良き親を持ち、後者は大抵問題のある親を持っている点。
自分自身は「良き親でありたい」と思うのですが、良き親でばかりいても、子どもは親の考えを何でも鵜呑みにしてしまいます。逆に親に問題があれば、たとえば「自分は母の苦労を見てきた→母がストレスや疲れを抱えると、ピリピリしていて子どもの自分も嫌だった→子どもに嫌な思いをさせないためにも、自分も妻の家事育児を手伝おう」と考えます。
筆者は鵜呑み半分、反面教師半分といったところですが、100%鵜呑みという人もなかにはいます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.