恋愛情報『身体に嬉しいお昼寝の効果でシャキっとしよう!』

2014年10月20日 11:50

身体に嬉しいお昼寝の効果でシャキっとしよう!

身体に嬉しいお昼寝の効果でシャキっとしよう!

子どもの頃はお昼寝をすると大きくなると言われ、お昼寝をさせられていましたよね。寝ている間は動きが少ないものの、実は脳もしっかりと働いているんです。起きているときに働く脳細胞と、寝ているときに働く脳細胞。それぞれ違うところが働き、そして休まることで、人間は健康的に生きていけるんですね。

寝ているときに起きていること
身体は寝ている最中に成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは細胞を修復し、そして再生させるので、骨や筋肉、そして肌などを活性化していきます。すべては脳からの指令で働き出すため、睡眠をとらないと成長ホルモンが働き出しません。そのため、子どもは寝ることでどんどん成長できるんですね。もちろん大人だって睡眠をとることで、成長ホルモンを分泌し、日々修復と再生が繰り返され、骨も筋肉もそして皮膚もイキイキしてくるんですよ。

身体が起きているけど脳は寝ている事も
実は起きているのに、脳の一部が寝ている状態になるケースがあります。だんだんと眠くなった状態なのに、無理に起きようとしていると、脳の一部がほとんど寝ている状態になります。体も脳もしっかりと働かせているつもりでも、脳の一部は勝手に居眠りを始め、活動能力が低下し始めます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.