恋愛情報『「もしかして…妊娠かも?」妊娠“超”初期に身体に起こる8つの変化』

2014年11月6日 08:00

「もしかして…妊娠かも?」妊娠“超”初期に身体に起こる8つの変化

「もしかして…妊娠かも?」妊娠“超”初期に身体に起こる8つの変化

“妊娠超初期“とは、まだ妊娠検査薬を使用しても反応が出ない生理予定日前、受精してすぐの時期のこと。多くの人は生理予定日の1週間後以降に身体の変化を感じることが多いようですが、怒濤の変化が起きるこの時期に体調の変化を感じる女性もいるようです。そこで今回は妊娠超初期によく見られる変化や兆候をご紹介します。

おっぱいが痛い……
「おっぱいがぱんぱんに張ってしまい、ブラジャーを外す時や彼に触られるのも痛いぐらいでした」

▽ おっぱいのハリは多くの人が感じる妊娠の兆候。痛いぐらいに張ってしまう人からちょっと大きくなったかな……と感じるぐらいの人までさまざまなようです。ワキの辺りが痛んだり、乳首が敏感になる人も。

お腹がぽっこり
「友達に『なんかお腹に肉がついたんじゃない?』なんて言われて大ショック!痩せなきゃ~と思っていたら、妊娠だったことが判明!」

▽ おっぱいと同様、お腹のハリも多くの人が感じているよう。太っちゃった~!なんて勘違いしてしまう人も多いようです。妊娠によって骨盤が開くことにより「お尻が大きくなった!」と感じる人もいるみたい。

お腹がズキズキ
「生理予定日の1週間前くらいから、生理痛のようなズキズキした痛みが……何か悪い病気かと思いました」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.