恋愛情報『温泉の上手な入り方で効果を倍増させよう』

2015年1月12日 13:02

温泉の上手な入り方で効果を倍増させよう

温泉の上手な入り方で効果を倍増させよう

寒い季節だからこそ、温泉に入って体を温めたくなりますよね。しっかりと浸かれば体の内側までぽかぽかとして、全身の血行がよくなります。効能によってはお肌がツルツルになったり疲労回復にも効果が。しかし、温泉にも入り方があります。上手に入って温泉の効果を堪能しましょう。

まずは入浴方法を知っておこう

温泉に入るのに一番注意したいのが、入浴方法だと思います。温泉は公共施設でもあるので、マナーを守って入る必要がありますね。入浴前には体を洗って清潔にした方が、他の方も心地よく温泉に浸かっていられるので、周りにも気を使っておきましょう。
そして、いざ入浴するときですが、いきなり浴槽に入ると温度が分かりづらく、自分にとって熱すぎるのかの判断ができません。また、突然熱いお湯に浸かることで脳貧血になるケースもあるので、まずはかけ湯をしてお湯の温度に慣れてから浴槽に入りましょう。かけ湯は足元から徐々に上へとかける事で、体が温度に慣れてきますよ。

入浴する最適な時間

温泉の効能を存分に味わおうと長く浸かるのは、のぼせの原因になります。湯あたりといって、体全体がだるくなったり吐き気が出てくることもあります。温泉の効能によってさまざまですが、40度以上の温泉は5分から10分程度浸かってみてください。


関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.