恋愛情報『海外でもやっぱり難しい……妊娠出産で女性がキャリアで直面する根深い問題』

2015年3月31日 23:00

海外でもやっぱり難しい……妊娠出産で女性がキャリアで直面する根深い問題

海外でもやっぱり難しい……妊娠出産で女性がキャリアで直面する根深い問題

“女性が輝く日本”と言われても、輝きを実感している女性は果たしてどれくらいいるのでしょうか。女性のキャリアを長い目で見た場合、やはり妊娠出産は大きなネックとなるのは相変わらずのようです。もちろん産休や育休支援の充実を図る企業もたくさんありますが、“制度はあっても、事実上利用できない、あるいはするのが難しい”という声もあります。
まだ結婚していない人も、これから妊娠することを考えている人にとっても、この問題はよく考えていたほうが良さそう。夫の協力も得ながら、どんなふうに子育てしつつキャリア形成をしていきたいのか、自分にとってのベストな道を模索していく必要があります。

女性進出が進んでいると思われる海外でも……
さて海外に目を転じてみると、ワーキングマザーが多く、女性の社会進出がすすんでいるように思えるオーストラリアでも、現実はけっしてバラ色とは言えないようです。ある統計によれば、妊娠女性のおよそ半数が“マタハラ”を経験したという報告も……。妊娠前まではバリバリと働いていたのに、妊娠が発覚した途端、さまざまなかたちでのプレッシャーを感じてしまうのは、日本と変わりないようです。
よくあるのは女性が妊娠すると仕事での評価において、ネガティブな視線を向けられること。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.