恋愛情報『上司の愚痴に対する撃退法』

2015年4月13日 16:00

上司の愚痴に対する撃退法

上司の愚痴に対する撃退法

仕事場に行くと、上司の愚痴を聞かなければいけないシーンが幾度となくあると思います。
筆者にも経験がありますが、決算時期になれば営業先の愚痴、月末になれば納期期限の愚痴、在庫整理の愚痴、毎月決まった愚痴がエンドレスリピートされます。
ボイスレコーダーでも回すように、そう、それこそ、壊れかけたレディオのように……。同じ内容を何度も何度も愚痴られることはあります。
まったく勘弁して欲しいものですね。一番の問題は愚痴っている人が「同じことを愚痴っている」と自覚していないことです。今日は、そんなときの上司の撃退法方をお教えします。

気を紛らわす

話を変えることです。まったく違う話題をするのです。大体、毎度愚痴を言われていると、愚痴が始まるタイミングというものがわかってきます。
「あ、そろそろ来るな」というときにわざとらしいくらいの高めのトーンで、「あ、そういえば、最近新しいカフェができたんですよ。○○さんそういうのお好きでしたよね?」と始めましょう。ポイントはその人の好みの話題であることです。その人の興味がないことを話しても「いいのよ、そんなことは!でさ~」と愚痴スタートです。

必殺、お菓子プレゼント

なんでもいいんです。


関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.