恋愛情報『自分を傷つける『きみ棲み』“星名”系男子との共依存から脱出するには?』

自分を傷つける『きみ棲み』“星名”系男子との共依存から脱出するには?

2018年3月10日 16:50
 

関連リンク

・君の顔が見たい…!彼の「会いたい欲」が高まる4つの瞬間とは
・失敗したくない。同棲に必要なものリスト
・彼のひと言で…?セックスレスが解消した「斬新な誘い文句」3つ
自分を傷つける『きみ棲み』“星名”系男子との共依存から脱出するには?

『きみが心に棲みついた』(TBS系)で向井理さん演じる星名が“ゾクキュン”すると話題です。
ごほうびをちらつかせながら無理難題を押し付け、相手がそれに応えても約束などしてないとうそぶき、暴力的な言動で心に恐怖を植えつける…そんなドSなDV男なのになぜか突き放せない。

結果、いいように翻弄されてしまうヒロイン(吉岡里帆さん)の姿に「過去の恋愛を思い出す」「心がえぐられる」と目を離せない女性が多いようです。

■DV男の壮絶な過去

ヒロイン・今日子の大学の先輩である星名は、幼少期、同級生からいじめられ、父親から暴力を受けていました。
母は自分を守ってはくれず、「父親に似てきたから」という理由で整形するよう求められ、やがて愛人のもとに行ってしまいます。

さまざまな人に虐げられてきた星名は、まるで小さい頃の自分の経験をなぞるように、今度は自分の身近な人間たちを虐げていくのです。

DVをする人の多くは、実は幼少期や成長段階において暴力や虐待を受けた経験があります。
自分を庇護し、慈しんでくれるはずの親から肉体的あるいは精神的苦痛を受けると、子どもは無条件に「自分が悪い子だからこのような扱いを受けるのだ」と思い込んでしまうんですね。

まったく落ち度がないのに、いい子にならなければいけないと悩み、親の顔色をうかがい、一挙手一投足に気を配るようになります。

そうして親にとって「都合のいい子」になり、親が離れていかないように文字通り心を砕いて努力する、そういった経験からゆがんだ「利己的な執着心」が育ってしまうのです。

■離れられないのは誰?

ドラマを見ていて、星名が何度も今日子に関わってくることを不思議に思う方もいるのではないでしょうか。

本当に「どうでもいい」人間だったら、切り捨てて生きたほうがずっと楽です。
いちいちちょっかいを出しにくるってことは、それだけ労力をかけているというわけで。目下に見ている人間のために、時間も労力もかける意味とは何なのでしょうか。

実は、ここにDVをする人の「弱さ」があるんです。
通常であれば愛情によって心を結びつけ、絆を築くことで人と人はつながり、ごく自然に相手が自分のそばにいてくれることを信じられるようになります。でも、異常なほど「利己的な執着心」がある人は、自分が人に本質的に愛されるとは思えず、常に自分のもとには誰もいてくれないんじゃないかという「不安」を抱えているんです。

誰かに嫌われて傷つきたくないから、あえて嫌われるようなことをする。
人が離れていって悲しみたくないので、相手を支配することでつなぎとめる。

すべて、その根底にあるのは「自分ひとりでは生きていられない」という「依存心」なんです。
星名も例外ではありません。

何度、虐げられても離れられない今日子だけでなく、そうまでして自分を求めてくれる今日子の存在は、星名にとっても必要なのです。

今日子が自分に依存してくれるうちは、自分を肯定することができる。自分を求めてくれる人を通してしか、自分を受け入れることができないのが、DV男なんですね。

■共依存からの脱出

このような状態を「共依存」といいます。一見、お互いが求め合っているように見えますが、残念ながら「共依存」は関係としてうまくいくことはありません。

一方が傷つけ続け、片方が傷つけられ続ける関係というのは、お互いがお互いの心を殺しあっているのと同じなのです。

破滅に向かって進んでも、人は幸せにはなれないんですね。
だからDV男に対して、勇気をもって独立しなければいけません。そのためには欠点を含めて「自分」を受け入れ、弱さすらも「個性」なのだと理解しましょう。

■まとめ

依存について、ご理解いただけましたでしょうか。

「成長する自分」を愛しながら自立し、幸せになること。それがDV男を人生から切り離す、一番効果的な方法なのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.