恋愛情報『「残念な財布」は良縁を逃す?アラサー男子が語る、女子のNG財布』

「残念な財布」は良縁を逃す?アラサー男子が語る、女子のNG財布

2018年3月12日 15:00
 

目次

・男性は女性の財布をこう見ている
・女性の財布には目がいくもの?
・残念な財布というのはある?
・小銭が多い財布はNG?
・ゴールドの財布を持つのはおばさん?
・レジ前で必要なカードが出てこない
・なぜ財布にものが多いのかわからない
・終わりに
「残念な財布」は良縁を逃す?アラサー男子が語る、女子のNG財布


3月12日は「財布の日」。「さいふ(312)」の語呂合わせから制定された記念日です。
新年度に財布を買い替える女性も多いと思いますが、自分の好みで選ぶ分、男性目線は気にしていないことも。

そこで、男性が女性の財布をどのように見ているかをご紹介します。

■男性は女性の財布をこう見ている

男性は意外とよく女性の財布を見ているようです。使っている財布によって、縁遠くなっている場合もあるかもしれません。

今回は座談会形式で、3人の男性に女性の財布について語っていただきました。協力してくれたのは、Aさん(34歳/銀行)、Tさん(31歳/美容師)、Gさん(32歳/広告)です。

女性の財布には目がいくもの?

Aさん「銀行員だからか、なんとなくお金に関することには目がいきますね」

Tさん「僕も職業柄、女性が会計をするときはどうしても財布を観察します」

Gさん「会社の女性が財布だけ持ってランチに出かけるのをよく見るので、チェックしてしまいます」

みなさん、かなり財布に注目しているみたいですね。

残念な財布というのはある?

Aさん「財布が残念っていうより、中身が残念な人が多い気が。特に財布がお金以外のものでパンパンな人は、だらしない印象です」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.