恋愛情報『「洗濯物の干し方」にイラッ!既婚女性が感じるパートナーとのギャップ』

2018年3月26日 16:50

「洗濯物の干し方」にイラッ!既婚女性が感じるパートナーとのギャップ

目次

・彼が干した洗濯物に目がテン
・結婚相手とギャップを感じるとき
・夫婦円満のポイントは?
「洗濯物の干し方」にイラッ!既婚女性が感じるパートナーとのギャップ

先日、新婚の友人宅でのホームパーティに参加しました。彼女以外にもここ1~2年の間に結婚した女性が2人いたため、自然と結婚生活についての話になったのですが、3人が口を揃えて言っていたのは、ご主人との家事の仕方にギャップを感じるということ。

特に洗濯物の干し方には「なんでそうなるの?」とびっくりすることが多々あるそうです。

■彼が干した洗濯物に目がテン

A子さん(30代前半)は2歳年上の男性と結婚。現在、妊娠中ということもあって、旦那さんは結構、家事を手伝ってくれると言います。でも、その中身はかなり残念な感じだとか。

「(ピンチハンガーに)タオルを干すのに、洗濯バサミで1ヵ所だけ挟んでぶら下げるから焦っちゃった。それだと乾いた後、変な形になるじゃない?しわを伸ばして、左右均等にして干したいのに。そもそも洗濯バサミじゃなくてタオルハンガーに干したいけど」

それを聞いたB子さん(30代半ば)も、同い年の旦那さんに関して、似たような不満を口にしました。

「うちの旦那も最初それやってたー。で、文句を言ったら、今度はトランクスを干すのに洗濯バサミを4つも5つも使うようになったの。わけわかんない。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.