恋愛情報『「洗濯物の干し方」にイラッ!既婚女性が感じるパートナーとのギャップ』

「洗濯物の干し方」にイラッ!既婚女性が感じるパートナーとのギャップ

2018年3月26日 16:50
 

関連リンク

・このままじゃ一人!?社会人女性が出会いをつくる方法
・夫の浮気を疑い始めたら?証拠を掴みたい妻がしてはいけないこと
・セレブへの道は甘くない!年収が高くても結婚生活が苦しくなる男性の特徴

先日、新婚の友人宅でのホームパーティに参加しました。彼女以外にもここ1~2年の間に結婚した女性が2人いたため、自然と結婚生活についての話になったのですが、3人が口を揃えて言っていたのは、ご主人との家事の仕方にギャップを感じるということ。

特に洗濯物の干し方には「なんでそうなるの?」とびっくりすることが多々あるそうです。

■彼が干した洗濯物に目がテン

A子さん(30代前半)は2歳年上の男性と結婚。現在、妊娠中ということもあって、旦那さんは結構、家事を手伝ってくれると言います。でも、その中身はかなり残念な感じだとか。

「(ピンチハンガーに)タオルを干すのに、洗濯バサミで1ヵ所だけ挟んでぶら下げるから焦っちゃった。それだと乾いた後、変な形になるじゃない?しわを伸ばして、左右均等にして干したいのに。そもそも洗濯バサミじゃなくてタオルハンガーに干したいけど」

それを聞いたB子さん(30代半ば)も、同い年の旦那さんに関して、似たような不満を口にしました。

「うちの旦那も最初それやってたー。で、文句を言ったら、今度はトランクスを干すのに洗濯バサミを4つも5つも使うようになったの。わけわかんない。あと、畳むのが下手だから全部やり直してる」

なんて極端な!1ヶ所しか挟まずに干していたのは、そのほうが取り込むときに楽だと思ったのか、それとも狭いスペースにたくさん干せそうに見えたのか……。2人とも「教育が大変」とため息をついていました。

すると、10歳近く年下の男性と結婚したC子さん(40代前半)は、

「やってくれるだけいいかもよ?うちは、私より早く帰っても絶対に洗濯物を取り込んでくれないの。1人暮らししてた頃、Tシャツや下着は干しっぱなしで、物干し竿から外してそのまま着てたらしくて、その習慣が抜けてないみたいなんだよね」

そういう男性は多いイメージが。結婚するまで実家暮らしで、全て親頼みだった男性よりは扱いやすそうですが、気ままな1人暮らしに慣れて「自分ルール」が確立している男性も、それなりに厄介なのかもしれません。

■結婚相手とギャップを感じるとき

全国に結婚式場を展開するアニヴェルセルの調査によると、既婚者がパートナーとの間に感じているギャップのランキング上位はこちら。1位:食事の嗜好・マナー
2位:お金の価値観・使い方
3位:家事のルール

1位の「食事の嗜好・マナー」というのは、味つけや好き嫌いから食べる際の箸の持ち方などまで様々。「スマートフォンを片手に食事するため会話が少ない」なんて意見もありました。

2位の「お金の価値観・使い方」は、内容を大別すると「浪費家か倹約家か」という問題のようです。「相手はあれば使うタイプで、私はできれば貯金をしたいタイプ」とか、話し合いに苦労しそうですよね。

そして3位の「家事のルール」は、前述した「洗濯物の干し方」を含む、家事全般に関すること。「洗濯」問題のほかには「掃除をする頻度」「家事は女がやるものだと決めつけられていた」などのコメントも。

20代前半などの若いカップルならば、あまり知識がない状態で結婚する分、ギャップは少ないのかも。でも、アラサー、アラフォーの男女は、お互いに既に自分の世界をしっかり持っているので、些細なことでも「なんか違う」と思ってしまう場面が多いのかもしれません。

■夫婦円満のポイントは?

それまで別々の環境で育ってきた2人が一緒に暮らし始めたら、いろいろな違いを感じるのは当たり前のこと。そのギャップを許せるかどうかが、夫婦円満のポイントと言えるでしょう。

いちいち「ありえない!」と目くじらを立てるのではなく、自分にはなかった考え方に気づいたときに「なるほど」と思ったり、ギャップを楽しんだりできたらいいですね。

結婚後のことが心配な人は、期間を決めて同棲、もといプレ新婚生活を送ってみてもいいのではないでしょうか。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.