恋愛情報『今読みたい!ちょい官能的な芥川賞&直木賞作家の小説5選【恋占ニュース】』

2015年8月12日 11:15

今読みたい!ちょい官能的な芥川賞&直木賞作家の小説5選【恋占ニュース】

今読みたい!ちょい官能的な芥川賞&直木賞作家の小説5選【恋占ニュース】

ピース・又吉直樹さんの小説『火花』の芥川賞受賞が話題ですね。発行部数は200万部を突破!発行元としては村上春樹さん以来の快挙だそうです。

これほどメディアで騒がれていると、普段あまり本を読まない人も興味が沸いてくるのではないでしょうか。
暑い日はまだまだ続きますし、たまには部屋にこもって読書…なんて過ごし方も◎。

≪おすすめ!官能的な作品たち≫
といっても、こう暑いと、硬めの小説はなかなか頭に入って来ないかもしれませんね。せっかくならセクシーな気分に浸れる作品を読んだりするといいかも…。

ということで今回は、賞そのものが注目を浴びている芥川賞・直木賞受賞作家の作品の中から、官能的な世界に浸れる小説を厳選してご紹介します!

≪ある意味“純愛”≫■村山由佳・著『ダブル・ファンタジー』
『星々の舟』で2003年に直木賞を受賞した村山由佳さんは、いわずと知れた恋愛小説の名手。2009年刊行の『ダブル・ファンタジー』は、中央公論文芸賞をはじめ三冠を受賞し話題になりましたが、文壇に衝撃を与えたのはむしろその内容のほうでした。

主人公である脚本家の奈津は、自身のマネージャーを務める夫から逃れ、次々と男と体を重ねていく…レビューからは“淫乱”で“自分勝手”という言葉も散見されますが、心と体の結びついた官能を求める奈津の様子は、“純愛”とも取れそうです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.