恋愛情報『「嘘も方便」と「苦しい真実」はどっちが幸せ?嘘についての心理学』

「嘘も方便」と「苦しい真実」はどっちが幸せ?嘘についての心理学

2018年3月31日 15:00
 

関連リンク

・あのセリフもダメ? 男性が「束縛」と思う「女の重たい言葉」4選
・彼氏に「結婚」を意識させたい!男性のタイプ別・結婚の話を自然に切り出す方法
・どんなときに? 男性が「今すぐ彼女とキスしたい」と思う瞬間5つ
「嘘も方便」と「苦しい真実」はどっちが幸せ?嘘についての心理学

明日はエイプリルフールですね。
エイプリルフールが「嘘」をついていい日になった起源は諸説あります。そのうちのひとつが、フランスの暦説です。

フランスの旧暦では3月25日が新年で、4月1日まで春祭りを開催していました。
1564年に1月1日を新年とする暦に変えたとき、4月1日に「嘘の(新年の)お祭り」を開催し、これが後のエイプリルフールになったのだとか。

今回はそんな「嘘」についての心理学をお届けします。

■嘘も方便は本当?

よく「浮気しても隠して、墓まで持っていってほしい」「浮気してもそれに気づかなければ、なかったことになる」「相手に言って傷つけるくらいなら黙っているのも愛情」といった言葉を耳にします。

内容にもよりますが、確かになんでもかんでもオープンにしなきゃいけない、ということはありません。

とはいえ、相手が確実に傷つくとわかっている事実に関して、嘘をついてまで隠す人の多くは「安易に事実を知らせて傷つけるくらいなら嘘も方便」という考えが根底にあるんですね。

一見、相手のことを考えているようですが、では「嘘」をつけばすべてが丸く収まるのでしょうか。

確かに「浮気された」といった、関係を壊しかねない事実と直面するのは、精神的なダメージが大きいです。
一度壊れた信頼関係の修復は難しく、ゼロどころかマイナスからの出発となるでしょう。

本当のことを言ったところで傷つけて終わりなら、相手のために言わないほうがいいのではないか、と思ってしまうかもしれません。

しかし、それは結局のところ、誠心誠意、相手に向き合い続ける困難を抱え込みたくない「自分」や、真実を打ち明けて傷つく相手を見て傷つきたくない「自分」を守っているにすぎないんですね。

そこにあるのは「相手への愛情」ではなく、「なかったことにしたい自分都合」なのです。

■罪悪感がもたらすもの

とはいえ、聞き手のほうでも「本当のことを聞きたくない」と思う人もいます。では「嘘」をつかれたところで、事態は何も変わらないのでしょうか?

やってはいけないことをした場合、大概は「申し訳ない気持ち」を抱くでしょう。この「申し訳ない」が、時の経過とともに「罪悪感」へと成長するんですね。「罪悪感」が負い目となって、日々の行動や意識に変化をもたらします。

例えば、相手の顔色をうかがうようになったり、ささいな出来事に「バレたのではないか」と不安定な気持ちになったり、相手も浮気しているんじゃないかと懐疑的になったり。
「負い目」が、関係の在り方そのものを変容してしまうんです。

中には、「負い目」を感じ続けることに疲れ、「自分がこんな想いをするのは相手が悪いんだ」という責任転嫁に発展するケースも。
結局「嘘」は解決方法にはならず、問題を先延ばしにしているにすぎないのです。

■幸福か至福か

「嘘をつく」「嘘を信じる」というのは、このように、いつ爆発して自分たちを滅ぼすかわからない爆弾を抱え込むようなもの。

とはいえ、本当のことを知るより偽りの中にいたいと願う人もいます。
それはケガの痛みに耐えかねて治すことより、麻酔を求めるようなものですが、刹那的でも「幸せ」を手に入れることはできるでしょう。

でももし、偽りの幸せでは満足できないなら、「嘘」を許すべきではないのです。
「嘘」を許容しないことで、見たくない現実と直面するかもしれません。

ただ、その実直さが、信頼と誠実さによって結ばれた絆をもたらします。強い絆が形成されることによって、不安のない「至福」を得られるのです。

■まとめ

嘘についての心理学、ご理解いただけましたでしょうか。

嘘を信じたフリをしたいのか。嘘はいやだとはねつけるのか。
それによって、あなたが「束の間の幸せ」を得られるか「永く続く至福」を得られるかが決まるのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.