恋愛情報『「嘘も方便」と「苦しい真実」はどっちが幸せ?嘘についての心理学』

「嘘も方便」と「苦しい真実」はどっちが幸せ?嘘についての心理学

2018年3月31日 15:00
 

目次

・嘘も方便は本当?
・罪悪感がもたらすもの
・幸福か至福か
・まとめ
「嘘も方便」と「苦しい真実」はどっちが幸せ?嘘についての心理学

明日はエイプリルフールですね。
エイプリルフールが「嘘」をついていい日になった起源は諸説あります。そのうちのひとつが、フランスの暦説です。

フランスの旧暦では3月25日が新年で、4月1日まで春祭りを開催していました。
1564年に1月1日を新年とする暦に変えたとき、4月1日に「嘘の(新年の)お祭り」を開催し、これが後のエイプリルフールになったのだとか。

今回はそんな「嘘」についての心理学をお届けします。

■嘘も方便は本当?

よく「浮気しても隠して、墓まで持っていってほしい」「浮気してもそれに気づかなければ、なかったことになる」「相手に言って傷つけるくらいなら黙っているのも愛情」といった言葉を耳にします。

内容にもよりますが、確かになんでもかんでもオープンにしなきゃいけない、ということはありません。

とはいえ、相手が確実に傷つくとわかっている事実に関して、嘘をついてまで隠す人の多くは「安易に事実を知らせて傷つけるくらいなら嘘も方便」という考えが根底にあるんですね。

一見、相手のことを考えているようですが、では「嘘」をつけばすべてが丸く収まるのでしょうか。

確かに「浮気された」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.